DSC_6156resize_edited.jpg

実行委員長ご挨拶

全国削ろう会 北海道いわみざわ大会

実行委員会委員長 船田慎人

大工ネットワーク北海道代表)

「第38回全国削ろう会北海道いわみざわ大会」の開催に当たり全国からの参加者の皆さまを心より歓迎申し上げますと共に開催に御協力していただいた関係者の皆さまにも心から感謝いたします。

 

日本の伝統建築技術はユネスコの無形世界遺産に登録されたように世界のトップレベルにあり、その中心的役割を大工の技術が担っています。またその大工技術を支えているのがこれも世界最高レベルの大工道具です。

 

全国削ろう会は全国の大工職人や木工家などが競い楽しみながら匠の技やその可能性を追求する会です。鉋の薄削りなどのイベントを通じて技術の研鑚と次世代の若者への技術の伝承、そのための全国の職人の交流が大きな目的です。またこのことを多くの市民のみなさんに知ってもらう事も大切な役割と考えています。

 

参加する大工のみなさん、そしてご来場くださる多くのみなさんに楽しんでいただけるよう工夫を凝らして準備を進めてきました。

 

また、今回は北海道が主催する「ほっかいどう住宅フェア2022」との連携開催となりました。ユーチューブによる実況配信などにより私たちの活動を更に広く知ってもらう良い機会になると期待しています。

北の大地でみなさんとお会いできることを実行委員会一同楽しみにしています。

 

新型コロナウィルス感染症が終息していない状況の中で、何とか無事に開催できることを心から願っています。関係者の皆さま、地元諸団体及び協力業者の皆さまに改めて心から感謝申し上げてご挨拶とさせていただきます。